山頂 not found

山頂 not foundは宮城県南で活動するアマチュアバンドです。オリジナルのロックを奏でています。
カテゴリー別
投稿日別

骨伝導ヘッドフォンでコーラスのモニターをする実験(機材レビュー「骨伝導ヘッドフォン 上海問屋 DN-68611」)

2013/10/26

わたりトコトン商人まつりで演奏してからもう1年経つのか。
今年はメンバーの都合がつかずエントリーをしなかったら、どうやら台風の影響で中止になったらしい。
前日の2013年10月26日現在では、明日は台風一過の青空と予報されている。
23日に発表があったようなので、22日ぐらいまで話し合って決定したと思われるが、空振りになりそうなので余計に残念な展開。やむなし。

昨年はレッチリコピーバンドでのデビューライブであり、ホルモンさんのボーカルデビューであり、わたくしのドラマーデビューであり、初物尽くしのライブだった。
ドラマーだけどコーラスも担当。ドラムの生音がうるさ過ぎて自分の声がモニター出来ないという、弦楽器&コーラスとの大きな違いに戸惑った。
モニターするアイディアを色々と調べた結果、
1.モニターからヘッドフォン・イヤフォンに送ってもらう
2.マイクの途中にパーソナルモニターを噛ませて、ヘッドフォン・イヤフォンに自分で送る
3.耳栓をして頭蓋骨に響かせる
といった方法を見つた。1はPAさんに面倒を掛けるので2と3を試してみることに。

モニターはとにかく安いやつ狙いでBEHRINGER MA400 MICROMONに決定。
ヘッドフォン・イヤフォンはあれこれ悩んだが、まずヘッドフォンは演奏中に外れると困るので却下。
耳にねじ込むような外れづらいタイプのイヤフォンで、かつ外の音も聞こえるという矛盾した商品を探してみるが、当然ながら徒労に終わる。
探す過程で見つけたのが骨伝導ヘッドフォン。難聴者向けの高価なものが中心だが、上海問屋で売られていたランナー向けの安価なバッグアームタイプのヘッドフォンに決める。

比較のためにSDカードを置いてみた

比較のためにSDカードを置いてみた

耳に当てていないのに聞こえる不思議。
しかし、耳下に当てるのでリンパに違和感があり、車酔いのような感覚。
生ドラムを叩きながら使ってみると、概ね狙い通り使えるが、数曲練習するうちにすっかり具合が悪くなった。
レビューでも数人そういう人がいて、どうやら自分もそのタイプだったらしい。

ということで、まったく使い物にならず、結局は3の耳栓作戦を採用するに至ったが、具合悪くならない人には1つの選択肢となり得るかも知れない。
ただ、イヤフォン・マイク・モニター電源などのケーブルが邪魔で、本来はコードに縛られないドラマーには苦痛になるかも知れない。
よって、コーラスもするドラマーには、まずは耳栓を買って試す方をおすすめします。耳栓のレビューは別途。今回は評価できなかったので星はなしで。

by ブラウンスイス我妻 ドラム, ヘッドフォン, 楽器・機材 コメントは受け付けていません。

機材レビュー「ヘッドフォンAKG K414P」★★★★★

2011/11/29

MP3プレーヤーで「なるべく良い音質で聴きたい」という希望から評判の良いAKG K414Pを買ってみた。よってイヤホンとの比較を中心に。

AKG K414P

NEX-5N + SEL30M35で撮影

とにかくイヤホンの後にこれで聞いてみると、音域の広さと解像感の違いに驚く。素晴らしい。
チューニングも心地よい感じ。

ポケットやバッグに入れるとき、イヤホンはほとんど体積が0になるが、これは収納スペースを必要とする。
先のモニターヘッドフォンと比較すると、折り畳んだサイズは驚異的に小さいが、イヤホンとの間には越えられない壁がある。
しかし、音を出すものにはスケールメリットがあるので、サイズと音質という相反する要素を突き詰めたこのバランスが絶妙。

たまに髪が挟まることがあるが、これは使い手の問題。

ポケットひとつ、バッグの一角を音質のために犠牲に出来る人にはお勧めです。
が、同種のヘッドフォンを他に持っていないので、Amazonなどの好評を後押しするかたちでの、お勧めです。

by ブラウンスイス我妻 ヘッドフォン, 楽器・機材 コメントは受け付けていません。

機材レビュー「audio-technica ATH-M50 vs Sony MDR-CD900ST」

2011/11/22

前に使っていたVictorのモニターヘッドフォンがボロボロになったので新調。

モニターヘッドフォンと言えばソニーのMDR-CD900STが有名で、長いものに巻かれようと思ったけれど、逆にATH-M50の巻々コードに巻かれたくなる。口コミでも好評なことから、奇をてらってこっちを選択。

予定通りモニター作業の相棒として1年ほど使用。何かずっと引っかかる。
低音が出すぎて低音下げすぎのミックスになったり、あまり聞こえなかったパーカッションがスピーカーからよく聞こえたり。
我慢していたが、モニターは複数あっても無駄にはならない、と言い聞かせてMDR-CD900STを買い増しする。

なんという解像感の差。MDR-CD900STの圧勝。
それから調べて1つの結論。
ATH-M50は、ブランド力もあるし、巻々コードも格好いいし、折り畳めるしで、どうもリスナーユーザーが多く居て、口コミ評価はリスナーがけん引している感じ。
モニターヘッドフォンとしては解像感が比較的低く、音域のバランスも広さもリスニングに心地よいセッティングな感じ。
出来上がりの曲を確認するには適か。あと、遮音性が良いので耳栓代わりになる。

MDR-CD900STは定番と言われるだけあってスゲー。
でも最初に買っていれば、凄さを分からずに何かを買い増しして、後から遠回りコース。
筆者のような耳レベルでは、どうあっても2つ買う羽目にorz

by ブラウンスイス我妻 ヘッドフォン, 楽器・機材 コメントは受け付けていません。