山頂 not found

山頂 not foundは宮城県南で活動するアマチュアバンドです。オリジナルのロックを奏でています。
カテゴリー別
投稿日別

SONAR X3はTASCAM by GIBSONから

2013/09/30

Rolandから「Sonar X3が出ます、CakewalkはGibsonグループになりました」というメールが着た。
楽曲のネタ集め期間に入って、去年アップデートしたSONAR X2のライトユーザーになっている間に色々なことがあったらしい。

まず、5月にGibsonがTASCAMを子会社化。知らなかった。
Rolandは赤字の子会社Cakewalkの売却先をさがす。Rolandが希望退職者を募っていて、業績が芳しくないのは知っていたが、Cakewalkもそうだとは知らなかった。
そして2013年9月24日にRolandがCakewalkの株をGibsonに譲渡し、GibsonはTASCAM Professional SoftwareというブランドでCalkewalkのソフト事業を継続予定。
という流れ。

sonar x3

他社DAWと比べて性能・価格両面で遜色なく、一部は勝っていてアピールポイントもあり、また毎年アップデートしてユーザーからの定期収入もある、という状況でも赤字か。それほどソフトの開発費がかさむのか。
USBなどのユーザーインターフェースにSonar LEを付属して、ハードの売上を上げる販促品的な側面を加味しても、マイナス過多という判断か。
IKMultimediaやZoomのように、エフェクターなどハードのソフト化が進む中、グループ内にDAW制作部門を抱えて、既存製品の拡張に技術を転用していく狙いはないのか。
エレキドラムやギターシンセ、エフェクターのシミュレーション技術など、DAWを個性あるものにする素材をグループ内に持っていたのに、一度も連携せずに撤退なのか。計画はなかったのかとん挫したのか。
疑問は尽きない。

業績が悪くなったから、ハード部門を切ってノウハウをソフトウェアに集中投資します、というのであればより自然な感じがするんだけど、ソフトを手放すのが解せない。
MTRにSonarが組み込まれて、BOSSのマルチエフェクターにそれが乗っかって、iPhoneから操作出来るようになって、「iPhoneとマルチエフェクターでバリバリ曲作れます」的な方向に正常進化するのかと思ってたんだけど・・・違ったか。

これだけ楽器を電子化しているメーカーがソフトウェアを大事にしないはずがなく、Cakewalkの製品との連携があまりにも難儀なので、今後は自社開発でソフトを用意していく、という方向性であったらいいな。
あるいは、DAWメーカーという縛りを脱して、BOSSのプラグインソフトなどを販売するサードパーティのソフト屋、というのも歓迎。
Roland好きだから残念だが、足元だけを見ないで、未来に繋げて欲しいっす。

さて、GibsonはロボットギターにCalkwalkの技術を組み込んで、デカいディスプレイを付けて、作詞・作曲・チューニングが瞬時に出来る売れない意欲作を作るのかな。色々期待してます。
「CubaseかPro toolsにしとくんだった~」というのは勘弁してください。
レスポールとSonarを愛用している筆者にGibsonからのご加護があらんことを。

by ブラウンスイス我妻 ソフト・DAW・DTM コメントは受け付けていません。

機材レビュー「IK Multimedia T-Racks 3 Deluxe」★★★★☆

2013/02/22

アマゾンレビューを参考に「音を大きくする本」、「マスタリングの全知識」、「エンジニアが教えるミックス・テクニック99」あたりを買いあさって勉強。
ある程度の試行錯誤の結果、時間のないアマチュア社会人ミュージシャンが行き着くのは、ソフト頼り。
シェアNo.1のWAVESが64bit非対応だったのでT-Rack3一択で投資。

tracks3

コンプとイコライザーがたくさん入っている。それぞれに個性があるのは分かるが、どう使い分けて良いか検証する時間がもったいない。作曲や編曲に時間を使いたい。
そこでDeluxeにあるコンプ&イコライザーチェインのプリセットを選択して気に入った音を探す。
こんな使い方でレビューも何だけど、これで十分効果が体感できる。物臭な人にはぴったり。

ザックリと言えば、プリセットによって、高音・中音・高音域をそれぞれ強調するもの、とにかく音圧が上がるもの、ミックスのバランスを崩さないもの、
アナログ的な味を加えるもの、など様々で、プリセット(ひいては各エフェクト)の癖を知っているに越したことはないけれど、
とにかく当ててみて曲が一番生き生きするものを選べば良い。

Sonarのプリセット系コンプ(Vintage Channelあたり)と比べると、T-Racks3の方が効果が実感し易いし、微調整も直感的でやりやすい。

結構重いことが難点。
5,400rpmのHDDが足を引っ張るPCにおいては、1トラック+マスタートラックの2トラックに掛けるだけでも再生がブツ切れになって使い物にならず。
トラックの方にはチェインではなくコンプ単体を掛けてみても同じ。レイテンシーも酷い。
マスタートラック用に割り切って使う分にはOK。

それと、IKMultimediaはiOS系のハード・ソフトに傾倒してるので、T-Racks4なんてのは出ないかも知れない。

コンプ系のソフトを複数買うのは、操作性や音色が自分のツボに合うものを探す作業に近いので、多くあるに越したことはないと思う。
現状T-Racks3に満足してるが、去年64bit対応した王道のWAVEや、評判の良いSlate Digital FG-Xあたりを買い足して、色々やってみたい。

by ブラウンスイス我妻 ソフト・DAW・DTM, 楽器・機材 No Comments

Sonar X2を予約。 Sonor > Sonar > Sonnar

2012/11/13

Sonar X1 Production Suite Kitの値下げにより、お得な2段階アップグレードという時限ニンジンをぶら下げられて、結局食いついてしまったorz
ベースのジャージーさんがSonar体制を整えてくれたので、Cubaseに行く理由もなくなり、ちょうどいいタイミングだったけど。

プレスリリースのタイトルが「ローランド、視認性が向上したDAWソフトSONAR X2を11月発売」みたいな感じで、
マイナーチェンジ臭を隠そうとしない姿勢が好感アップ。だって、音楽ソフトの売り文句が「視認性向上」だから。

以下、かなりどうでもいい話を。

仕事の延長線上でライトなカメラ好きなので、ツァイスのSonnarというブティックレンズにちょっとだけ憧れがある。
NEX持ってるので、高評価なSonnar 24mmとか。

一方で、ドラマー兼任になってからSonorというドラムメーカーが身近になった。

そしてDAWのSonar。

Sonnarの発音はゾナーで、それ以外はソナーだけど、スペルが似てる。
Sonor > Sonar > Sonnarとか、現在・過去・過去分詞みたいだ。
このジャンルの異なる3つのブランドを同時に欲している人って、世の中にどのぐらいいるのかな~、ってどうでもいいことを思って弁図を脳内に描く。そして実際に描く↓
ついでに釣好きだと、魚群探知機のソナーが加わるか。惜しい。

Sonor > Sonar > Sonnar仕事で疲れた時にやりたい、時間の無駄遣い的投稿でした。

by ブラウンスイス我妻 その他, ソフト・DAW・DTM コメントは受け付けていません。

(追記)SONAR X1 PRODUCTION SUITE KIT値下げ、SONAR X2の価格・発売時期決定

2012/09/05

Rolandの秋の新商品のページにX2が出てた。まとめると、

  • 革新的ユーザー・インターフェースの改良
  • 100を超える機能強化によって操作性と安定性をさらに高めた
  • R-MIX SONAR収録
  • 魅力的なプラグインを数多く追加

ということで、マイナーチェンジだけど、本当なら歓迎したいアップデートです。

一方、SONAR X1 PRODUCTION SUITE KITを49%OFFの5,250円に値下げするというメールが着た。
値下げの期間は9月3日~11月16日。
また、X2の発売に伴い、Suite Kit以外のアップデートは9月21日まで、というメールも。

ということで、X2の発売近し。こちらのページでは、11月下旬発売予定という記述が。

8->8.5が10,500円
8->X1が26,250円
8.5->X1が15,750円

8->8.5->X1 = 8->X1
という過去の流れからありそうなのは
X1->X2が26,250円
X1 Suite Kit->X2が15,750円
で、
X1->X1 Suite Kit->X2 ≒ X1->X2
というパターンか。
X1->X1 Suite Kitが10,290円5,250円となったので、上の仮説ならば今のタイミングでアップデートした方がお得か・・・

どうやら海外では、いまアップデートすると、X2にフリーアップデートはしてくれるらしい。
日本ではそういうことをしないから、値引きをしたり、9月中にアップデートを中止したりするんだろう。まったく残念。

R-Mixというのは、ちょっといじってみたいな。すぐに飽きそうだけど。
https://www.youtube.com/watch?v=AvYd18wc664

他の新商品で気になるのは、ボーカルトレーナーVT-12。ちょっと欲しい。
https://www.youtube.com/watch?v=Gxkn7A_CMAY

 

9月7日追記

アップデート価格の発表がありました。
X1->X2が21,000円
X1 Suite Kit->X2が10,500円
で、予想通りの1万円差だが、予想より5,000円安。
Suite Kit経由が安いのを露骨に公表か。

それとX2のページも公開。要求スペックはX1から据え置きかな。

by ブラウンスイス我妻 ソフト・DAW・DTM, 楽器・機材 コメントは受け付けていません。

SONAR X2発表

2012/08/07

アクセス解析見てみたら、1週間前ぐらいに3倍になっている日があって、キーワードを調べてみるとSonar X2だった。
去年のしょぼいアップデート時に書いた記事でX2について言及してたのが原因。
ということでX2について書いてみます。

本家の発表はこちら。今日出た日本語の記事はこちら
Youtubeを見るとインターフェースが変わっている。その他はプラグインの追加ぐらい?

Sonar X2

TH2というギターのアンプシミュレーターが付属されるらしい。
BOSSのエフェクターで使っているCOSMというモデリング技術はソフト化せず、他社製をバンドル。残念。
COSMのソフト化が難航していて間に合わせで他社製品に手を出した、と思いたい。

R-MIXというソフトも付くらしい。
「音楽をビジュアル化し、直感的かつわかりやすくリアルタイムにコントロールすることのできるソフトです。」
って、Sonarユーザーの何%ぐらいに需要があるのだろう・・・。

大したアップデートが出来なかったらバンドル増やしてみました的な雰囲気か?
インターフェースを後から補っていくのは、悪くないソフト開発方針だと思うけど、たっぷりバンドルするからお布施払え、というのならちょっと悲しい。

まだ速報段階なので、購入判断は詳細待ち。
個人的には、V-Vocalの進化など既存機能・プラグインのアップデートに期待してます。無理かな。

by ブラウンスイス我妻 ソフト・DAW・DTM, 楽器・機材 コメントは受け付けていません。

機材レビュー「V-Vocal」★★★★★

2012/07/03

ボーカル補正ソフトのV-Vocalは、CubaseからSonarに乗り換えた最大の理由であり、いまだSonarを使い続ける最大の理由の1つ。

WAVEの音程をグラフ化し、それをマウスでグリグリ移動させて補正する。操作感良好。
そして補正効果も、とても素晴らしい。4半音など無茶な調整をしなければ、かなり自然に聞こえる。ロック系の曲など、オケが元気であれば上手に溶け込む。

難点をいくつか。
WaveデータをV-Vocal用のMIDI的なデータに変換する際に、やや再現性が悪い場合がある。こうなると稀に望み通り補正が出来ないケースもある(何か解決方法はあるか??)。
V-Vocalのウィンドウサイズ変更に対して、ソフトの側が調整を行わないので、手作業でやらなければならない。これは面倒なバグっぽい挙動。
しかし最大の問題は、補正ありきで録音に臨んでしまうことかも知れない。
実際、筆者はV-Vocalに非依存→依存→非依存と大分遠回りをしてしまったが、結論としては、補正なしでいける程度に録音してから助けてもらうのがベスト。

素人がスタジオで録音できる機会は多くない。数撃てない。テクノロジーに頼るという解決策はありだと思う。
歌が上手くなるか、上手いボーカルとバンドをやればいいが、いずれも簡単ではない。伸び代の少ないおっさんは、素直に金を出すのが良いかも知れない。

これから、このようなボーカルのピッチ補正技術が進化し、精度が上がり、小型化してカラオケのマイクに内蔵される無音痴時代が来るのかな。

ところで、SonarのバージョンアップにV-Vocalのバージョンアップを含んでいるのであれば即購入するんだけど・・・。

by ブラウンスイス我妻 ソフト・DAW・DTM, 楽器・機材 コメントは受け付けていません。

機材レビュー「Addictive Drums」★★★★★

2012/06/26

DAWはたしかCakewalk→Cubase SX1→Sonar 7という流れで、ドラム音源はバンドル→BFD→Stylus→Session Drummer(Sonarバンドル)→Addictiveというような流れ。
BFD1.5もSession Drummer3も、生音感があってとても満足していたけど、コンプレッサー・イコライザーなどを各部にかませる作業がどうにも面倒。
それならばプリセットが優秀で軽いと評判のAddictive Drums(AD)に手を出してみた。

評判通り音よし。プリセット充実。インターフェースよし。軽くて安定。どこを切っても良作。
特にインターフェースは説明書不要の分かり易いさで気持ちいい。

歪ませたものやマシンビート系の音と、エアー感のある生ドラムが同じキットを使っていて驚いたりする。
セッティングとエフェクト次第で、生音がどのようにでも化けるといういい勉強になる。
しかし勉強しないで使える手軽さが最高。他の作業にリソースを割ける。
プロのエンジニアや、ドラマー・ソングライターでなければ、これのプリセットで十分ではないだろうか。少なくとも筆者は大満足。

購入時に50GBのサンプルを収録したBFD2.0へのアップグレードとの競合になったが、
海外のフォーラムなどで「ADは音でも負けてない」という書き込みが背中を押し、
また「将来のSSD環境で50GBはどうだ?」という不安もあり、ADに決定。
BFD2.0でさえ、生ドラムをレコーディングしたものには到底かなわないわけだし、
「どうせ打ち込みだから」という割り切りで、使い勝手とエフェクト処理を優先させたADのバランスは秀逸。
たとえるなら、本格派を無駄に目指さないことが奏功した美味いカップラーメンみたいな感じ?
掛け値なしにお勧めです。

by ブラウンスイス我妻 ソフト・DAW・DTM, 楽器・機材 コメントは受け付けていません。

機材レビュー「Spectrasonics Stylus RMX」★★★★★

2012/06/08

DTMではなく、シンセのシーケンサーで作曲をしていた時代は、シンセのプリセットにあるドラムパターンを使うことがあった。
プロの作ったリズムパターンは、音の隙間を埋めてくれて、アレンジの手抜きが出来る。
DTM移行後に数年たってから、そういう懐かしい手抜きがしたくて、グルーブ集のようなStylusに手を出した。

DTM移行後も実際にはサンプリングCDをAcidで伸縮して使ったりしてたが、端から伸縮機能を含んだプラグインなので、使い勝手がよく、より自然な伸縮が可能。
エクスパンションなしでも十分なボリュームとクオリティー。
エクスパンションを買ってみても、また期待通りのボリュームアップ。
Sonar・Cubaseと使ったけど、いずれも動作は快適で不具合なし。
文句のつけようがない。

メールの履歴を見てみると、2006年2月にポチッっている。
あれから6年。未だ現役。64bitにも対応し、拝金主義なバージョンアップをしないメーカーの姿勢は素晴らしい。AdobeやRolandに爪の垢を煎じて飲ませたい。

リズムはグルーブ系が多く、ロック系の素材は少ない。エクスパンションで増やすもよし、他のドラム系プラグインと組み合わせるもよし。
現在は、Addictive Drumsと合わせて、サブのリズムやパーカッション的に使用。
プロのリズムとはいかないまでも、素人の打ち込みを下支えしてくれる縁の下の力持ち。

永く使えるのでコスパも高く、おすすめです。
これだけハイクオリティーで良心的なメーカーだから、普通のドラムプラグインのような新製品が出たら、間違いなく買ってしまいそう。

by ブラウンスイス我妻 ソフト・DAW・DTM, 楽器・機材 コメントは受け付けていません。

機材レビュー「Ik Multimedia ARC System」★★☆☆☆

2012/05/30

2011年9月にレコーディングを半分終え、Sonarのバンドルで音圧を上げることへの限界を感じはじめ、ソフトを探してWavesとT-Racksに絞り込んだ。
その後、Wavesが当時64bitに対応していないことに気付きT-Racks一択に。
ところが、年に数回やるらしいIk Multimediaの割引キャンペーンが終了したばかり。2011年秋のものはかなり美味しかったらしく、数日遅れただけで2~3倍の金を出すことに萎える。

一方、Ik Mulimediaには、既に同社製品を持っている人がIk製品を買い増しすると、Upgradeのような感じで割引を受けられるCrossgradeという買い方があることを知る。
それでもなおディスカウントキャンペーンより割高だが、大波に乗り遅れたのだから仕方がない。高価な部類のT-Racksの前に何かを買ってCrossgradeを使うことにした。

ソフトだと、箱付きの正規輸入品と、直販サイトのダウンロードとの価格差が大きすぎる。
T-Racks以外に惹かれるソフトもなかったので、ハードに絞って物色。
これまで存在すら知らなかった音響補正ソフト+マイクのARC Systemに決定。ネット上の評判が良いので大期待。

前置きが長い。さてレビュー。
まず、専用マイクで部屋の環境をサンプリング。時間はかかるが簡単。
サンプリング結果をもとに、自分の部屋用の音響補正値が自動設定される。
この補正値を、DAWからプラグイン形式で呼び出して使える。便利。
他のブログなどで紹介されているように、如何に自分の部屋の音響が不適か分かるのは楽しい。
これまで謂わば「目盛のズレた計測器で測量」していたので、フラット補正を通して聴くミキシング済みの音源にショックを受ける。

ここまでは良かったが・・・不満噴出。
ARCがイコライザーで補正するので、マスターボリュームが変化してしまう。
結果、ARC環境下でミキシング&マスタリングをした後、さらにマスターボリュームの調整が必要になって面倒臭い。

また、同社製のT-Racksもそうだが、動作が重い。
さらに、ARCを使ってマスタリングしたものと元の音を、複数のプレイヤーで聞き比べたところ、制作中に憶えたほどの変化は感じられない。
プレイヤーによっては、元の方が良かったり。

その後、スピーカーを新調し、部屋の音響を考慮して配置後、ARCを使ったら補正量が大幅に減少。
ARCにお墨付きをもらって、晴れてARCを使わないことを決定、という皮肉に。
やはり、ソフトを使って小手先で対応(一番の不満はココだったかも!)するより、本質的な解決を目指す方が精神的にも気持ちが良い。
しかし、ARCが無ければ改善度も測れなかったので、用途は異なれど役には立ったかな。

ハイスペックPCを持っていて、部屋のレイアウトを容易に変えられない人にはオススメ、かも知れません。
が、ヘッドフォンを買う方が役に立つかも知れませんね。ということで評価は辛目。

by ブラウンスイス我妻 ソフト・DAW・DTM, 楽器・機材 コメントは受け付けていません。

機材レビュー「オーディオインターフェース Roland QUAD-CAPTURE UA-55」★★★★☆

2012/03/14

震災でモバイル志向になり、スタジオでボーカル録音する都合もあってLet’s Note B10を導入。これに合わせてUA-101から買い増し。

UA-101と録り比べてみた結果、特に差異は感じられない。
プリアンプは上位機種のOCTA-CAPTUREと同等らしいので、値段は半値以下だが、対UA-101でAI(Audio Interface)としての性能は向上しているのかも知れない。
もともとはデスクトップ用UA-101との併用を考えたが、我が家のUA-101のフォンジャックとMDR-CD900STの相性がよろしくない(ガリが出る)ので、
いっそQUAD-CAPTURE(UA-55)をレギュラー化。ほどなくLet’s Noteもレギュラー化し、完全モバイル環境に移行。

NEX-5N + SEL30M35

対UA-101比あれこれ。
音質:同等(筆者の耳では差異が分からず)
重量・サイズ:UA-55が軽くてコンパクト
インプット・アウトプット数:UA-101が多い(バンドのライン録りや複数マイクのドラム録りでもしなければ不要)
取り回し:電源不要のUA-55が上
ノイズ:電源の録り方によってはUA-101の方が良好
録音の使い勝手:UA-55のウリであるインプットレベル自動設定はあまり使えない。Hi-Zが1つ、フロントINが2つなのは両者同等で引き分け。
再生の使い勝手:周波数を自動で設定してくれるUA-55は便利。UA-101はつまみを回さなければならなくて面倒。
その他の使い勝手:UA-101はボリュームと電源が同じつまみなので、電源ON/OFFのたびにボリュームがリセットされるのは不便。その点UA-55は楽。

電源不要(USBバスパワー)でコンパクト、周波数切替不要なところが便利なので、値段的も加味して買い増しは満足。
ノートPCのバッテリーから、AIとコンデンサーマイクのファンタム電源もとれるので、
アパート暮らしの人が、車で人里離れてアコギやボーカルを車内で録る、という夢(?)の利用が可能。

UA-55だけがUSBからノイズを拾うことがあったので、やはり1本で2役こなしている方がノイズには弱いのか?
同社のSonar X1との接続で、うまくいかないことがあったので、DAWとAIを同メーカーで揃えるメリットは薄いか?
希望としては、このサイズのまま、Hi-Zを2系統、フロントのインプットもギター・ベース・ボーカルで3つ以上欲しい(OCTAの仕様)。

Rolandに悪いイメージを持ってない人で、手軽なAIが欲しい人にはおすすめです。

by ブラウンスイス我妻 ソフト・DAW・DTM, 楽器・機材 コメントは受け付けていません。