山頂 not found

山頂 not foundは宮城県南で活動するアマチュアバンドです。オリジナルのロックを奏でています。
カテゴリー別
投稿日別

機材レビュー「モニタースピーカーYAMAHA MSP7 Studio」★★★★★

2013/03/14

1枚目のアルバムのミキシング中、作った曲をミニコンポやカーステレオで聞くと低音成分が暴れる傾向があったので、
長年使っていた安価で好評のFostex PM0.4よりも少し大きなスピーカーを探すことに。

一般家庭で再生できる音量を持つ小型スピーカーで、価格もミドルクラスで調べると行き着く中から、ネットの口コミだけでYAMAHA MSP7をチョイス。
田舎なのでモニタースピーカーを聞き比べられる店が少ない、聞き比べても自分の曲以外の音源で判断できる自信がない、という言い訳によるいつものネット買い。

DSC07093

PM0.4では分からなかった低音成分がすっきりと聞こえる。
パンを振った時の反応が良い。LRの配置がやりやすい。
PM0.4でミックス済みの曲を聴くと、かなりバランスの悪い曲があったので、この差異がそのまま性能差という感じか。
前にレビューしたSonyのヘッドフォン「MDR-CD900ST」とMSP7の両方で心地よく聞こえるバランスに整えると、ミニコンポやカーステレオでもまとまって聞こえるようになった。

音場補正をする「ARC System」からの反省で、リアルな環境の改善を思い立ったので、MSP7購入時にスピーカーを部屋の中央付近に配置し、壁からも離した。
音像を捉えやすくなったのは、ひょっとすると音場改善によるところが大きいかも知れない。
同時にやったのでどちらの恩恵が大きいのか判断がつかない。が、現状に満足。

もっとデカいレンジの広いスピーカーや、高価なスピーカーであればMSP7は霞むかもしれない。
しかし、防音設備のない部屋で、ご近所や家族を気にすれば妥協必須。予算もある。
もろもろの条件を加味した時に浮上する絶妙な選択肢という感じか。
日本の住宅事情に逆らわない趣味の宅録派には、ベストチョイスの1つかと思います。

by ブラウンスイス我妻 オーディオ, 楽器・機材 No Comments

機材レビュー「IK Multimedia T-Racks 3 Deluxe」★★★★☆

2013/02/22

アマゾンレビューを参考に「音を大きくする本」、「マスタリングの全知識」、「エンジニアが教えるミックス・テクニック99」あたりを買いあさって勉強。
ある程度の試行錯誤の結果、時間のないアマチュア社会人ミュージシャンが行き着くのは、ソフト頼り。
シェアNo.1のWAVESが64bit非対応だったのでT-Rack3一択で投資。

tracks3

コンプとイコライザーがたくさん入っている。それぞれに個性があるのは分かるが、どう使い分けて良いか検証する時間がもったいない。作曲や編曲に時間を使いたい。
そこでDeluxeにあるコンプ&イコライザーチェインのプリセットを選択して気に入った音を探す。
こんな使い方でレビューも何だけど、これで十分効果が体感できる。物臭な人にはぴったり。

ザックリと言えば、プリセットによって、高音・中音・高音域をそれぞれ強調するもの、とにかく音圧が上がるもの、ミックスのバランスを崩さないもの、
アナログ的な味を加えるもの、など様々で、プリセット(ひいては各エフェクト)の癖を知っているに越したことはないけれど、
とにかく当ててみて曲が一番生き生きするものを選べば良い。

Sonarのプリセット系コンプ(Vintage Channelあたり)と比べると、T-Racks3の方が効果が実感し易いし、微調整も直感的でやりやすい。

結構重いことが難点。
5,400rpmのHDDが足を引っ張るPCにおいては、1トラック+マスタートラックの2トラックに掛けるだけでも再生がブツ切れになって使い物にならず。
トラックの方にはチェインではなくコンプ単体を掛けてみても同じ。レイテンシーも酷い。
マスタートラック用に割り切って使う分にはOK。

それと、IKMultimediaはiOS系のハード・ソフトに傾倒してるので、T-Racks4なんてのは出ないかも知れない。

コンプ系のソフトを複数買うのは、操作性や音色が自分のツボに合うものを探す作業に近いので、多くあるに越したことはないと思う。
現状T-Racks3に満足してるが、去年64bit対応した王道のWAVEや、評判の良いSlate Digital FG-Xあたりを買い足して、色々やってみたい。

by ブラウンスイス我妻 ソフト・DAW・DTM, 楽器・機材 No Comments

ギターを吊るした伸縮間仕切りが倒壊→ネック折れ

2013/02/12

前にレビューしたアイリスオーヤマの伸縮間仕切りを使ったギターの吊るしディスプレイのその後。
前のレビューには追記済みだが、間仕切りが倒壊しギターのネックが折れた。
間仕切りを使ったギターの吊るしには大いに危険が伴うので、ご注意ください。

broken_martin

使っていたのは、「SIM-625」と「伸縮間仕切り70」の2種類で、倒壊したのは前者。
予想するに、発売はSIM-625→伸縮間仕切り70で、前者がただの脚で突っ張る一方、
後者は床と天井の設置面が広がっていて(ポールがゴムの靴を履いている感じになっていて)、接地面積が大きく、安定性が高い。

原因分析。
倒壊の原因の1つは、この脚部の安定性の差と思われる。ただし、公表の耐荷重が10㎏なので、他にも色々と要因がある。
気温差が大きい部屋の窓の横だったため、湿度変化が大きく、天井部分の木材のたわみがあった可能性がある。
近くに電子ドラムを置いていて、振動によってズレがあった可能性もある。

反省点。
半年ほど気にもしなかったので、張力が失われていたことを確認しなかったのが悔やまれる。要定期点検。
また、倒壊の可能性を視野に入れ、カーテンレールに紐で縛っておくなど万が一のための補強はすべきだった。
そもそも壊れたら悲しくなるギターを吊るすべきではなかった。

現時点で、「伸縮間仕切り70」の方には緩みは見られない。
ギター吊るし以外の用途を含めて計3個使っているが、どれも十分な張力を保っている。
よって、条件次第で間仕切りを使ったギターの吊るしは可能だとは思う。
しかし、上記のような原因が発生しやすい環境であれば十分な注意が必要だし、
定期的な確認、倒壊した場合の可能性を視野に入れた利用が必須。

ちなみに、ギターの修理屋さんに聞いたところ、無加工での修復は不可能でかなり高額になるらしい。
よって、折れたギターは教訓としてそのまま残し、別のを買いなおすことにした。

以上、高い勉強代を払って学んだことをここに記します。
今は、壊れないギターが欲しいです。

by ブラウンスイス我妻 ギタースタンド, 楽器・機材 コメントは受け付けていません。

機材レビュー「湿度計付きメトロノーム KORG Humidi-Beat」★★★★☆

2012/12/29

KorgのメトロノームMA-30がテンポ208までで残念だったので新調を検討し、ちょうど新しく出た湿度計付きHumidi-Beatを買ってみた。

テンポ252までということでMA-30の不満点を解消。
何より、常に湿度が見れるのが素晴らしい。なぜか我が家は多湿警告が出る60%を上回ることが多く、いつも点滅している。
ライターを一回り大きくした程度のサイズも素晴らしい。

Humidi-Beat

MA-30はメトロノームの針をシミュレートしたアニメーションがあるが、Humidi-Beatは点滅のみ。テンポの目視確認が必要な場合は不適。
時計モードとメトロノームモードの切り替えボタンが、誤って押されない配慮によって少し引っ込んでいるため、指の腹では反応しない。
ピックや小指の爪で押す必要があって面倒。キーホルダー感覚で使う場合は、ポケットの中で誤ってメトロノームが鳴り出す可能性が低くなるので親切とも言える。
他のボタンも小さいので押しづらい。

本体が小さいメリットと、ボタン類が小さいデメリットのトレードオフをどう判断するかが、購入の1つの判断材料かな。

by ブラウンスイス我妻 楽器・機材 No Comments

機材レビュー「電子ドラム V-Drums TD-9」★★★★☆

2012/12/18

レッチリモードで活動中につき、ギターボーカルからドラマー兼コーラスに転職。
数年前に買って、最近はあまり使っていなかった電子ドラムを毎日使用中。売却を真剣に検討していたが、売らなくて良かった。

賃貸戸建の我が家に防音設備はなく、ドラム叩くなら電子ドラム一択。
一応メーカーは4~5社はあるが、値段・音色・再現性などの総合力ではV-Drumsの評判が良くシェアもNo.1。
そのミドルクラスのTD-9をチョイスした。これ以上はV-Drumsの上位機種か生ドラムという、と言っても間違いはなさそうな無難な選択。

Roland TD-9

まずは「再現性=生ドラムっぽさ」という点から(電子ドラムを叩いている時間の方が長くなってしまったので、評価が難しいが)。
リバウンドやレスポンスは生ドラムの方が良いので、電子ドラムがあたかも負荷付きの練習のような感じになって、スタジオで気持ち良く叩ける。
ニュアンスが変わるので、より繊細な視点で見れば、この差異は問題になり得るだろう。
しかし、細やかな表現が出来るほど上手じゃないし、曲は大味なロックだし、ということで問題には至っていない。

音色は感動的なレベルではない。ドラムのダイナミックレンジが如何に広いかを思い知らされる。
使用しているV-Drums用パーソナルモニターPM-10の性能に疑問が残る。ヘッドフォンでモニターした方が音は良い。
英語の掲示板で「手軽なホームレコーディング」を検証した人の書き込みを見たことがあるが、
V-DrumsによるMidi録音+BFD2などの外部音源、という組み合わせが最も効率的で効果的、という意見だった。直感で同意。

約20万という値段は、生ドラムの平均をとったような価格設定か。
生ドラムのセットはピンキリなので、高いのも安いのもたくさんある。
しかし、「防音環境+生ドラム」のセット価格で考えれば、電子ドラムは圧倒的に安い。Yamahaの防音室「アビテックス」の2畳・Dr-40で180万円だから、比較にならない。
音色を選べるので「1台で複数のドラムセット」と考えると安いが、これは無理やりな解釈だな~。
一方、20万円のギターに比べると、体積が大きいので割安感がある。機械なので価値がなくなるのはギターより早いが。

電子ドラムは発展途上なので、これから性能が上がって安価になると思われる。
バンドをやるとなれば、慢性的に足りないのはドラマーだが、電子ドラムがドラマー人口を底上げすることは間違いないだろう。

by ブラウンスイス我妻 ドラム No Comments

機材レビュー「マルチエフェクターRoland GR-55&GK-3」★★★☆☆~エレキでアコギの音を出す

2012/11/23

ライブでエレキ曲とアコギ曲を両方やりたくて、エレキでエレアコっぽい音が出るギターを探した。

1.ピエゾが付いてるエレキギター(PRS Hollowbodyなど)
2.マグネティックピックアップが付いてるエレアコ(Taylor T5など)
3.Line6 Variax
4.アコギシミュレーション系エフェクターを使う(Zoomのマルチなど)
5.ギターシンセ(Roland系)

アコギらしさは、
Variax > ギターシンセ > Taylor > Hollowbody > エフェクター
という感じか。Variaxとギターシンセは「アコギ」っぽい音を、それ以外は「エレアコ」っぽい音を再現するので、やはり前者が半歩リードしてる感じ。

James Tyler Variaxへの代替わりにはかなり惹かれたが、レスポールモデルで15万超と安くない上に韓国製(低コスト→高ロイヤリティ=ブランド代)ということで却下。
消去法的にギターシンセの最新モデルGR-55に辿り着いた。
ちょうどピアノが入る曲もあったので、他にもシンセの恩恵がありそうなのも一因。

ギターシンセGR-55

ギターシンセにネイティブ対応のGodinや、RolandとFenderコラボモデルなどにも惹かれつつ、まずはお試しということでギターシンセ用ピックアップ「GK-3」を既存のエレキに取り付けることに。
レスポールなどのブリッジ「チューン-O-マチック」だと、ネジ穴も両面テープも不要ということでes-335タイプに取り付け。
取り付け・調整ともに時間は要するものの、不器用な自分でも出来たので、ものすごく難しいわけではない。弦交換と合わせてやると一石二鳥。

ギターからブルースハープやらシンセリードやら、ベースやドラムの音が出るのはとても楽しい。
目的だったアコギの音は、箱鳴りの調整も出来てかなり良い感じ。エレキアンプを通すと残念な感じになるが、PA直ならベター。
息で音を鳴らすサックスなどは比較的ギターで再現しやすいものの、鍵盤楽器は再現が難しい。新手のギターテク的が必要。
シンセの音色は鍵盤シンセと同じ「らしいけど、届かない」という聞きなれたアノ感じ。
エレキ用のエフェクターは、BOSSの技術が流用されているだけあって満足。アンプシミュはLine6の方がやはり上か。

ライブでは、アコギとピアノの他にも、1~4弦をクランチ&5・6弦をフランジャーファズとか、スイッチを踏むとアコギ→アコギ+5・6弦だけディストーションのエレキ、
というような使い方で、舞台裏のスタジオミュージシャンの仕事を兼任。テクノロジーに浸って自己満足。

6弦同時に出来るチューニングは、腕6本のアシュラマンなら役立つかも知れないが、人間は1弦ずつしか出来ないので便利ではない。一覧性が良い、というのは少しうれしい。

ディバイデッド・ピックアップGK-3

機能がとても複雑で、かつ説明書も難解なため、使いこなすのが容易ではない。
エレキの生信号・ギター系シンセ・その他のシンセがそれぞれ別扱いで、使えるエフェクトに制限があったりしてイラっとすることも。
発展途上感をひしひしと感じる。作ってる人も色々と苦悩したんだろうなぁ。

値段が最大のマイナス点。GK-3同梱で79,800円、単体で69,800円というのは割高。お試し感覚・遊び感覚で買うには高すぎる。半額ぐらいで頑張って欲しかった。数年後にはそうなるか?
価格が許容範囲の人で、遊びたい人、ライブ中にギター1本で色々やりたい人、などにはおすすめです。

by ブラウンスイス我妻 アンプ・エフェクター, 楽器・機材 コメントは受け付けていません。

Sonar X2を予約。 Sonor > Sonar > Sonnar

2012/11/13

Sonar X1 Production Suite Kitの値下げにより、お得な2段階アップグレードという時限ニンジンをぶら下げられて、結局食いついてしまったorz
ベースのジャージーさんがSonar体制を整えてくれたので、Cubaseに行く理由もなくなり、ちょうどいいタイミングだったけど。

プレスリリースのタイトルが「ローランド、視認性が向上したDAWソフトSONAR X2を11月発売」みたいな感じで、
マイナーチェンジ臭を隠そうとしない姿勢が好感アップ。だって、音楽ソフトの売り文句が「視認性向上」だから。

以下、かなりどうでもいい話を。

仕事の延長線上でライトなカメラ好きなので、ツァイスのSonnarというブティックレンズにちょっとだけ憧れがある。
NEX持ってるので、高評価なSonnar 24mmとか。

一方で、ドラマー兼任になってからSonorというドラムメーカーが身近になった。

そしてDAWのSonar。

Sonnarの発音はゾナーで、それ以外はソナーだけど、スペルが似てる。
Sonor > Sonar > Sonnarとか、現在・過去・過去分詞みたいだ。
このジャンルの異なる3つのブランドを同時に欲している人って、世の中にどのぐらいいるのかな~、ってどうでもいいことを思って弁図を脳内に描く。そして実際に描く↓
ついでに釣好きだと、魚群探知機のソナーが加わるか。惜しい。

Sonor > Sonar > Sonnar仕事で疲れた時にやりたい、時間の無駄遣い的投稿でした。

by ブラウンスイス我妻 その他, ソフト・DAW・DTM コメントは受け付けていません。

機材レビュー「クリップ式チューナー Planet Waves PW-CT-12」★★★☆☆

2012/10/10

オンラインショップで機材を買っていたら、送料無料まで後ちょっとだったので、前ブログで紹介した小さなクリップ式チューナーPlanet WavesのPW-CT-12を買ってみた。

とにかく小さい。装着部分も小さく、ヘッドの根元に付けられるため目立たない。
装着感も悪くない。プラスチックのギザギザをカチカチと多段階にずらす方式なので、クリップに比べると着脱には手間取る。逆にクリップのようにパチッと外れることがないメリットもあり。
電卓のような1文字分の文字盤に大きく「E」とか「A」と出るし、色でチューニングの具合も分かるので、視認性はとても良い。
ON/OFFのボタンは少し押しづらいが、押しやすいと問題もあると思うのでやむを得ないか。これはKorgのAW-2Gも同じ。

問題は反応。接点が柔らかい素材を使っているAW-2Gに比べると、プラスチックのPW-TC-12は反応がやや悪い。
ベースの5弦だと顕著。
本機能といえるこの部分が、少し残念。しかし個体差かも?

Planet Waves PW-CT-12

Planet Waves PW-CT-12

なかなかの良品。接点をもう少し柔らかい(装着性の良い)素材にして、感度もアップすると最高。
ライブで常時使いたい人には、目立たない点と視認性の点でおすすめできます。
逆に、自宅で何本かのギターに使う場合、着脱が面倒なのでAw-2Gのような単純なクリップ式の方が良いかな。目立たない分、自宅だとすぐ迷子になるし。

by ブラウンスイス我妻 楽器・機材 コメントは受け付けていません。

機材レビュー「パワー・ディストリビューターFURMAN SS-6B」★★☆☆☆

2012/10/04

昨年、スピーカーから常時ノイズが流れることに悩まされた。
引越しと、新しいAI「Quad-Capture」の購入、PCの新調、DAWのアップデートなど重なって、原因が分散して容易に解決せず。
藁にもすがる思いで電源を買ってみた。

結論から言うと、ノイズは改善せず。
音質の改善もよく分からず(ノイズが改善されないショックで、それどころではなく)。

FURMAN SS-6B

ホームセンターで売っている電源タップに比べると、コードが太く、本体は重量がある分安定感がある。良かったのはこの点ぐらいか。
パワー・ディストリビューターとしては安価なようだが、家庭用の一般的なタップに比べると5倍以上。

それから部屋を変えたらノイズがなくなった。やはり電源に問題があったのは間違いなさそう。
我が家では効果はよく分からなかったけど、「電源もハイアマ的なものを使ってる」的な自己満にはなってる。

ネットの評価も高く、効く場合もあるのだろうから、星2つはマイノリティな評価ということで。

パワー・ディストリビューター

by ブラウンスイス我妻 楽器・機材 コメントは受け付けていません。

(追記)SONAR X1 PRODUCTION SUITE KIT値下げ、SONAR X2の価格・発売時期決定

2012/09/05

Rolandの秋の新商品のページにX2が出てた。まとめると、

  • 革新的ユーザー・インターフェースの改良
  • 100を超える機能強化によって操作性と安定性をさらに高めた
  • R-MIX SONAR収録
  • 魅力的なプラグインを数多く追加

ということで、マイナーチェンジだけど、本当なら歓迎したいアップデートです。

一方、SONAR X1 PRODUCTION SUITE KITを49%OFFの5,250円に値下げするというメールが着た。
値下げの期間は9月3日~11月16日。
また、X2の発売に伴い、Suite Kit以外のアップデートは9月21日まで、というメールも。

ということで、X2の発売近し。こちらのページでは、11月下旬発売予定という記述が。

8->8.5が10,500円
8->X1が26,250円
8.5->X1が15,750円

8->8.5->X1 = 8->X1
という過去の流れからありそうなのは
X1->X2が26,250円
X1 Suite Kit->X2が15,750円
で、
X1->X1 Suite Kit->X2 ≒ X1->X2
というパターンか。
X1->X1 Suite Kitが10,290円5,250円となったので、上の仮説ならば今のタイミングでアップデートした方がお得か・・・

どうやら海外では、いまアップデートすると、X2にフリーアップデートはしてくれるらしい。
日本ではそういうことをしないから、値引きをしたり、9月中にアップデートを中止したりするんだろう。まったく残念。

R-Mixというのは、ちょっといじってみたいな。すぐに飽きそうだけど。
https://www.youtube.com/watch?v=AvYd18wc664

他の新商品で気になるのは、ボーカルトレーナーVT-12。ちょっと欲しい。
https://www.youtube.com/watch?v=Gxkn7A_CMAY

 

9月7日追記

アップデート価格の発表がありました。
X1->X2が21,000円
X1 Suite Kit->X2が10,500円
で、予想通りの1万円差だが、予想より5,000円安。
Suite Kit経由が安いのを露骨に公表か。

それとX2のページも公開。要求スペックはX1から据え置きかな。

by ブラウンスイス我妻 ソフト・DAW・DTM, 楽器・機材 コメントは受け付けていません。